近年ではARTのスロット台が主流となってきており、従来のホールコンピュータではそのART機種のデータ解析に苦労しておりましたが、独自のソフトウェアロジックによりでARTを検出し、またそれに関わる各種データの管理・集計が可能となりました。